横浜や川崎のクロス・壁紙張替え、リフォーム、原状回復なら【クロス・リフォーム壱番館】

川崎・横浜でクロス張替えのご相談ならお任せください。
施工経験豊富な職人が、親切丁寧な内装工事を行います。

                                                     
8:00〜19:00(お盆・年末年始除く)

料理をおいしく華やかに!キッチンの壁紙・クロスの選び方について

 

 

毎日料理を作るキッチンは、家の中でもいろいろな汚れが壁紙につきやすい場所です。

そのため、キッチン用の壁紙クロスを選ぶときは、見た目だけでなく(普段の)お手入れのしやすさなどの機能性も重視しましょう。

今回は、キッチンの壁紙クロスの選び方のコツから、おすすめの色や素材まで、くわしくご紹介します。

 

1.キッチンの壁紙クロスの選び方のコツは?

 

キッチンは料理の際に、油やソースなどの液体が壁紙に飛び散りやすい場所です。

また、飛び散りにどれだけ気を付けているつもりでも、料理を加熱している時に出る湯気も、壁紙に触れることで水分を吸収し、シミやベタつきになってしまうことも。

 

キッチンは主婦にとって、自分のお城とも言える大切な空間ですよね。

せっかくキッチンの壁紙を選ぶなら、自分が好きなデザインを選びたいと考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、壁紙の色や素材によってはシミや汚れが目立ってしまい、食材を扱う空間なのに不衛生な印象になってしまいます。

家族の食事を作る大切な空間を、いつでも清潔に保てるように壁紙もキッチンに対応したものを選びましょう。

 

 

2.キッチンにおすすめの壁紙クロスの色は?

 

・定番はオフホワイト系

キッチンは清潔感を与えてくれる、明るいオフホワイト系の壁紙クロスが定番です。

また、リビングなどほかの部屋とくらべて空間が狭い分、キッチンは圧迫されるような感覚があります。

そこで明るいオフホワイトの壁紙にすれば、空間を広々と見せる錯覚効果も期待できますよ。

 

・シンプルな模様の壁紙を選ぼう

まっさらなオフホワイトは汚れが心配だという人は、ホワイト系に模様入りの壁紙もおすすめです。

ただしキッチンはコンロや冷蔵庫、調理器具など、何かと物が多く散らかりやすい場所です。

そこに模様や柄が派手で目立つ壁紙にしてしまうと、さらに空間が散らかって見えてしまいます。

模様入りを選ぶなら、あまり模様が主張しない小花柄、ストライプ系がおすすめです。

 

・一面だけ違うカラーの壁紙を入れる

また、ベーシックなオフホワイトへのアクセントとして、壁紙の一部を別のカラーにするのもおすすめです。

白い壁紙は何にでも合うカラーですが、料理をおいしく見せるならピンクやオレンジなどの暖色系が効果的。

それに対して、ネイビーやブルーはすっきりとクリーンな印象のキッチンに見せることができます。

中にはキッチンの壁紙のうち、一面だけを新しい壁紙に交換したいご家庭もあるかと思います。

しかし、ホワイト系の壁紙は変色がわかりやすいので、新しい壁紙だけがやけに白く目立ってしまうことも。

そのため、全体をホワイトで統一したいなら新しい壁紙を淡いクリーム系やベージュ系などの落ち着いた色にすることで、ほかの壁紙から浮かずに全体に統一感が生まれますよ。

 

 

4.キッチンの壁紙・クロスは機能的な素材を選ぼう

 

キッチンは食材を扱う場所ですので、清潔に保つために機能性にもこだわりましょう。

特にキッチンにおすすめしたい壁紙・クロスの素材をご紹介します。

 

・防臭壁紙

料理をすると壁紙に食材の臭いがつきやすく、料理をしていないときでもキッチンに入ると、臭いが気になってしまう傾向があります。

壁紙自体に臭いが染み込んでいれば、どれだけ拭き掃除をしても臭いをすっきりと落とし切るのは難しいです。

そのため、キッチンに使う壁紙は防臭仕様になっているタイプを選びましょう。

 

・防火・耐熱壁紙

また、キッチンの壁紙で外せない機能が「防火」です。

キッチンは火を使う場所ですので、万が一のときに壁紙ができるだけ燃えないよう、必ず防火壁紙を選んでください。

壁紙によってはコンロの熱によって素材が傷むこともあるため、耐熱機能も備わっているものにするのも大切です。

防火性能が高い壁紙の下地には、金属板や石膏ボードなどの燃えない素材が使われています。

実際に壁紙の見本帳を調べてみると、どれくらいの防火性能があるのか記載されているので必ずチェックしておきたいですね。

 

・汚れ防止壁紙

キッチンは油はねが多く、そのまま染み込んでしまうと変色してシミの原因になります。

壁紙の表面が特殊加工されたビニールクロスなら、布でサッと汚れをふき取れるのでお手入れが簡単になりますよ。

万が一コーヒーやお醤油をこぼしてしまったときでも、壁紙に汚れが染み込まないのでいつでも清潔な状態を維持できます。

 

 

5.キッチンを楽しくするお手軽コーディネート術

 

それでは、キッチンをより美しく整頓されている印象に見せる、プチコーディネート術をご紹介します。

何となくキッチンが散らかって見えると悩んでいる人は、ぜひ挑戦してみましょう。

 

・調味料を同じ容器に入れる

キッチンが散らかって見えるのは、いろいろなサイズや形の小物が並んでいるため。

特に調味料はお醤油にお酢、塩などたくさんの種類が並べられていますよね。

このようなバラバラなサイズの調味料をすっきり見せるには、同じ容器に移し替えておくのがおすすめ。

 

100均でも売っているようなボトルやキャニスターに、いつも使っている調味料を入れ替えるだけで、キッチン周りがかなりすっきりした印象になりますよ。

ボトルにはそれぞれ調味料の名前のラベルを貼っておくと、見つけやすく間違いにくいです。

 

・フルーツは見せる収納をする

キッチンはホワイト系の壁紙に、ステンレスの鍋とカラーが白系にまとまりがちです。

そこで明るく見せるにはカラフルなフルーツをバスケットに入れて、「見せる収納」にするのもおすすめです。

オレンジなどの柑橘系は真夏でなければ常温保管もできるので、ほかにもグレープフルーツ、バナナなどのビタミンカラーは、あえてキッチンの見えるところに保管しましょう。

キッチンにナチュラルテイストで明るい雰囲気が出ますよ。

 

 

6.まとめ

キッチンは汚れや臭いがつきやすい場所なので、汚れがふき取りやすいビニール素材のクロスがおすすめです。

また、万が一の火事に備えて防火、耐熱機能が優れた壁紙を選ぶことも重要です。

狭い空間だからこそ、散らかって見えないよう収納も統一感が出るように、同じ容器を使うのもおすすめですよ。

壁紙クロスにこだわって、家族の笑い声があふれる快適なキッチン空間を作りましょう。

クロス張替え・原状回復・リフォームの
ご相談、お見積りはお気軽にどうぞ!

044-767-5181

8:00〜19:00(お盆・年末年始除く)

対応エリア

横浜市18区・川崎市7区

神奈川県

横浜市 青葉区・旭区・泉区・磯子区・神奈川区・金沢区・港南区・港北区・栄区・瀬谷区・都筑区・鶴見区・戸塚区・中区・西区・保土ヶ谷区・緑区・南区
川崎市 麻生区・川崎区・幸区・高津区・多摩区・中原区・宮前区
対応エリア