横浜や川崎のクロス・壁紙張替え、リフォーム、原状回復なら【クロス・リフォーム壱番館】

川崎・横浜でクロス張替えのご相談ならお任せください。
施工経験豊富な職人が、親切丁寧な内装工事を行います。

                                                     
8:00〜19:00(お盆・年末年始除く)

廊下は家の顔!第一印象を良くする壁紙・クロスの選び方は?

 

ドアを開けて最初に目に入るのが、玄関から廊下にかけての空間。

人は第一印象が大切と言うように、家もまた玄関から入った時に見える廊下までの第一印象によって、その家が過ごしやすいかどうかを無意識に判断してしまいます。

ですので、リビングや寝室などのメインの部屋だけでなく、部屋同士をつなぐ廊下の壁紙もこだわりを持ちましょう。

今回は、部屋同士をつなぐ廊下に合う壁紙・クロスの選び方のコツや、おすすめの色や素材、コーディネート術をご紹介します。

 

1.廊下に合う壁紙・クロスの選び方のポイント

リビングから自室に移動するとき、出かけるために玄関まで歩くときなど、このように部屋同士を移動するときに必ず通るのが廊下です。寝室やリビングとくらべると目立つ存在ではありませんが、家にとってなくてはならない場所ですよね。

そんな廊下は家族だけでなく、お客様も必ず通る場所ですので、清潔で上品な空間を目指しましょう。他の部屋のインテリアを邪魔しない、安心できる素材や色の壁紙をそれぞれくわしくご紹介します。

 

 

2.廊下になじむ壁紙・クロスの色は?

 

・ホワイトやベージュ系の明るいカラーがおすすめ

廊下はほかの部屋と違って、縦横の空間が狭く圧迫感が気になりやすいです。また間取りによっては、廊下に窓が全くないところもあるため、どうしても暗い印象になりがち。そこで、廊下に使う壁紙の色は明るくホワイト系がおすすめです。

色は明るいものほど部屋を広く見せる効果があるので、狭い廊下だからこそホワイト系ですっきりと見せましょう。部屋同士のつながりを考えて、できるだけ模様が少ないシンプルな壁紙にするのもポイントです。

 

・天井よりも少し暗い色を選ぶ

廊下は狭いので、どうしても天井が低く感じてしまいます。ですので、天井面をもっとも明るい色の壁紙にして、側面の壁をやや暗めのトーンにすると天井が高く見えますよ。

たとえば天井が明るいホワイトなら、ホワイトをベースにしたクリーム系やライトベージュにすると、天井が高く見えますし廊下の空間に温かみが生まれます。扉に使われるブラウン系とも統一感があるので、天井の色とのバランスも重視してみてください。

 

・模様は無地でシンプルに

廊下はほかの部屋と部屋をつなぐ中間的な存在ですので、派手な空間にならないよう無地の壁紙を選びましょう。

どうしても模様を使いたい時は、たとえば下半分だけを模様にするなどのツートン使いにしたり、階段の手すりの部分などワンポイント使いにしたりすると、廊下の壁紙のアクセントになりますよ。ですが、先ほどもお伝えしたように模様がないほど空間が広く感じますので、廊下の圧迫感に悩んでいる人はシンプルな無地がおすすめです。

 

 

3.廊下は汚れがつきやすい場所!清潔な機能壁紙を選ぼう

・汚れ防止壁紙で掃除の手間を減らそう

廊下は毎日家族が何回も通る場所ですので、気づかないうちに汚れがつきやすいエリアです。

横幅が狭いので子供が手を壁につけながら進んでいくこともありますし、階段部分は大人でもつい壁に手をついてしまうこともありますよね。そのため、汚れが壁紙に残らないよう汚れ防止壁紙を選びましょう。

特に階段部分は手あかがつきやすいので、掃除がしやすく汚れが簡単に拭き取れる汚れ防止壁紙はとても便利ですよ。

 

・撥水コート壁紙で湿気対策

廊下は空間が狭く、間取りによっては窓がないところもあります。

ですので、実は他の部屋よりもジメジメと湿気が溜まりやすく、壁紙が水分を吸い込んでカビが発生することも。

玄関からリビングにかけての廊下は雨に濡れたコートやカバンを持ち込むので、気づかないうちに水滴や泥がはねたり、壁にぶつかったりして壁紙を汚すこともあります。そのため、壁紙が水分を吸収せず湿気に強い、「撥水コート」をほどこした壁紙も廊下におすすめです。

 

 

4.無機質な廊下をちょっとおしゃれに見せるコーティネート術

 

廊下はインテリアを何も置かずにシンプルな空間にしているご家庭も多いですよね。しかし、玄関に続く廊下はお客様を迎える場所ですので、あまりに何もないと無機質で冷たい印象に見られてしまうことも。

無機質な廊下をちょっと温かくおしゃれに見せるように、コーディネートを工夫してみましょう。

 

・イルミネーションライトでシンプルな壁紙に模様を作る

廊下のシンプルな壁紙に、ライトの反射した影で模様を作るとてもおしゃれな空間になりますよ。たとえば、廊下に使うライトを模様が彫刻されたエッチンガラス、透かしガラスなどにすれば、天井や壁にかけて影が大きく写り模様が浮かび上がります。

昼はさわやかな廊下の空間にして、日が落ちてからはライトを使ってモダンで落ち着いた空間の廊下を演出できますよ。また、廊下の天井スペースを圧迫しないミニシャンデリアも廊下のシンプルな空間をおしゃれに見せてくれる便利なアイテムです。

玄関から視界に入る位置にミニシャンデリアを設置すれば、家もゴージャスな印象になりますよ。

 

・階段にウォールステッカーでメリハリのある空間に

廊下の壁紙は無地のシンプルなものにして、足元に好きな模様を加えると空間にメリハリが生まれます。お手軽なのは、階段の部分にウォールステッカーを貼ること。

足を乗せる段板同士をつないでいる縦の「蹴込み板」の部分にウォールステッカーを貼ると、階段を上る時にステッカーの模様がちらりと見えてアクセントになります。

この部分だけなら廊下のシンプルな空間を邪魔せず、アクセントとして楽しめるので廊下の雰囲気を少し変えたいときにおすすめのインテリア術です。

 

 

5.まとめ

廊下の壁紙は基本的にシンプルな明るい色と無地のものがおすすめです。

しかし、あえて部分的に模様が入った壁紙を設置するなどの遊び心を取り入れるのも、自分だけのオリジナルな廊下のデザインを作ることができますよ。

リビングや寝室だけでなく、廊下の壁紙もこだわってゆとりのある空間を作りましょう。

 

 

クロス張替え・原状回復・リフォームの
ご相談、お見積りはお気軽にどうぞ!

044-767-5181

8:00〜19:00(お盆・年末年始除く)

対応エリア

横浜市18区・川崎市7区

神奈川県

横浜市 青葉区・旭区・泉区・磯子区・神奈川区・金沢区・港南区・港北区・栄区・瀬谷区・都筑区・鶴見区・戸塚区・中区・西区・保土ヶ谷区・緑区・南区
川崎市 麻生区・川崎区・幸区・高津区・多摩区・中原区・宮前区
対応エリア